Kyoto National Health Insurance Organizations
京都府国民健康保険団体連合会
テキストサイズ「大」 テキストサイズ「中」 テキストサイズ「小」
国保連合会について業務内容についてサイトマップリンク個人情報の取り組みお問い合わせ
被保険者のみなさまへ保険医療機関保険薬局等のみなさまへ介護保険事業者のみなさまへ保険者のみなさまへ 在宅保険師関係お問い合わせはこちら

京都府国民健康保険団体連合会

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る
水銀屋町620番地COCON烏丸内

Tel:075-354-9011
Fax:075-354-9099

TOP介護保険に係る苦情相談について > 苦情相談及び苦情申立手順
介護保険に係る苦情相談について

苦情相談及び苦情申立手順

国保連合会が取り扱う苦情処理の主な流れ

国保連合会が取り扱う苦情処理の主な流れ


国保連合会での苦情処理手順

  1. 利用者及び家族等から苦情申立書が国保連合会に提出される。
  2. 受付審査(対象事案であることの確認)を行う。
  3. 苦情申立を受付けた後、都道府県及び該当保険者へ申立内容について連絡を行う。
  4. 介護サービス苦情処理委員会が調査の必要性や内容について審議を行う。
    (事業所への調査には個人情報に関する同意書の提出が必要。)
  5. 事業者等への調査を行う。
  6. その結果を受けて介護サービス苦情処理委員会が改善すべき事項を検討する。
  7. この事項に基づき事業者等の指導・助言を行う。
  8. その結果を申立人に通知するとともに都道府県及び該当保険者へ
    報告を行う。
  9. 上記6の内容によっては改善に要する期間経過後に、指導助言の
    フォロー調査を行う。

国保連合会で苦情申立が受付られないもの

  1. 申立内容の事実のあった日が長期間(おおむね1年以上前など)経過している等の理由により、調査が困難な場合。
  2. 直接、介護サービスの質に関連しない以下の申立内容。
      ・訴訟が予定されているもの、または訴訟中のもの。
      ・損害賠償などの責任の有無や確定、または謝罪を求めるもの。
      ・契約の法的有効性に関するもの。
      ・医療に関する治療内容等、医学的判断を伴うもの。
      ・要介護認定や保険料等の行政判断に関するもの。
      ・重複申立あるいは申立結果に対する不服であるもの。

※国保連合会の苦情処理の対象となるのは、指定居宅サービス、指定居宅介護支援及び指定施設サービス等の指定業者が行う指定サービスであって、基準該当サービスや市町村特別給付は対象となりません。

「介護保険に係る苦情相談について」ページへ

        介護保険の苦情・相談
        在宅保健師の会 会員募集
        不審電話の注意