Kyoto National Health Insurance Organizations
京都府国民健康保険団体連合会
テキストサイズ「大」 テキストサイズ「中」 テキストサイズ「小」
国保連合会について業務内容についてサイトマップリンク個人情報の取り組みお問い合わせ
被保険者のみなさまへ保険医療機関保険薬局等のみなさまへ介護保険・障害者総合支援事業者のみなさまへ保険者のみなさまへ 在宅保険師関係お問い合わせはこちら

京都府国民健康保険団体連合会

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る
水銀屋町620番地COCON烏丸内

Tel:075-354-9011
Fax:075-354-9099

介護保険・障害者総合支援事業者のみなさまへ

過誤処理について

過誤調整の流れ

◎請求明細書の請求誤りや請求洩れは、下記の過誤申立書による処理方法が原則となる。

過誤調整の流れ

  1. 介護保険事業所は、利用者(被保険者)の該当市町村(各保険者、京都市は各区役所)に請求明細書の取り下げ(過誤申立)を依頼する。保険者により過誤の申立方法が異なる場合があるため、保険者に連絡のうえ確認して過誤申立書を提出すること。また、生保単独請求分の過誤申立については、各福祉事務所に依頼する。
  2. 保険者は、毎月20日までに過誤申立書を国保連合会に提出する。
    ※ 同月過誤は毎月5日

  3. 国保連合会は、「過誤決定通知書」により各事業所並びに保険者等に過誤処理結果を通知する。過誤申立により調整する金額は、過誤調整として当月請求支払確定分から差し引きし、事業所への当月支払い金額を確定する。
  4. 事業所は、「過誤決定通知書」により過誤処理完了を確認したうえで、正しい請求明細書で再請求する。

例)事業所が4月中旬市町村へ過誤申立を行う。保険者等は、取り下げ依頼のあった過誤申立書を4月20日までに国保連合会に提出する。国保連合会は、4月取扱分として処理し、事業所へ過誤決定通知書を5月末(4月審査分)の支払関係情報で通知する。事業所は、過誤決定確認後、正しい請求明細書を6月に再請求する。


※ 同月過誤・・ 通常は20日に過誤処理をし、翌々月に再請求であるが、過誤と請求が同月に処理できるのを同月過誤という。
基本的には件数が多く、事業所の支払に影響がある場合の処理となる。
同月過誤での処理の場合は、必ず、保険者と連絡調整し、申立書には必ず「同月過誤」と記入すること。

例)4月2日に保険者へ過誤申立書を提出
保険者は4月5日までに連合会へ過誤情報を送付
事業所は4月10日までに正しい請求明細書を提出

過誤申立事由コード

申立事由コード

申立事由コード

《過誤》申立対象様式番号

申立対象様式番号


《過誤》介護予防・日常生活支援総合事業 申立対象様式番号

申立対象様式番号


《過誤》申立理由番号

申立理由番号


※過誤申立理由番号は通常、『02請求誤りによる実績取り下げ』を設定する。
ただし、京都府の指導による場合は、『99その他の事由による実績の取り下げ』を設定する。

「介護保険・障害者総合支援事業者のみなさまへ」ページへ

        介護保険の苦情・相談
        在宅保健師の会 会員募集
        不審電話の注意